ビスクメイク

眉毛は右の方がうまく描けて
まつげは左の方が自然

右から描き始めるから
面相筆のこなれ具合によるんだと思う

そういうちまちまとした作業の必然性に頼らずに
粘土で仕上げる時みたいに
なりゆきにまかせて
もっと大きな勢いで人形を作ってみたいと思う
そうしたら今、目の前にある大きな壁を超えられるんじゃないかと・・・

けれどビスクという素材は
丁寧で繊細であることは必須であり最低条件


ここ数年
ずっと目標としている
『オールビスクじゃない人形を作る』

とりあえず、最後まで造形と向き合える粘土で1体仕上げたいな



201502181.jpg


スポンサーサイト
.18 2015
人形 comment(-) trackback(-)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

 森下ことり

Author: 森下ことり
カワイイモノとお酒が好物。
将来の夢は、フランス人になること。
* * * * * * * * * * *
2002年~ 創作ビスクドール制作
本城光太郎氏、丸美鈴氏に師事
2013年〜篠原七生氏に人形着物を学ぶ

bon_bong925★yahoo.co.jp
(★を@に替えてください)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

写真館

Twitter

里親募集中

カテゴリー

リンク

* * * * *

ブログ内検索